水溶性食物繊維とは

水溶性食物繊維について

植物の細胞壁の構造物質が中心となっていて、水に溶けず、水分を吸収して膨れます(イメージとしてはふえるわかめちゃん)。このため、腸壁を刺激して腸の蠕動運動を盛んにし、食物の残りかすなどを速やかに体外に排出してくれます。

水溶性食物繊維の効能

人体に有害な物質の吸収を防ぎ、便として排出させる働きをします。

・糖尿病を予防:ブドウ糖の吸収速度を遅くし、食後の急激な血糖の上昇を防ぎます。

・動脈硬化を予防:水溶性食物繊維はコレステロールの吸収を抑制する事がわかっています。

・高血圧を予防:水溶性の中でもアルギン酸に顕著。ナトリウムを排除して血圧を下げます。

なるほど寒天学

水溶性食物繊維は、摂り過ぎてしまうと下痢を起こす原因に。 必要なミネラルまで排出してしまうので摂りすぎないように注意しましょう。

メールを送る

メールアドレス
×
携帯に送る

メールアドレス
※ドメイン指定受信を設定されている方は、「kantenhonpo.co.jp」を追加してください。
×
ログイン
ログイン
×

体重 推移

×

血糖値 推移

×

善玉コレステロール 推移

×

悪玉コレステロール 推移

×